ENGLISH    |  

研究発表一覧/2000

学術論文誌

  1. 円滑な話者交替はいかにして成立するか---会話コーパスの分析にもとづく考察---
    • 小磯 花絵, 伝 康晴
    • 認知科学, Vol.7, No.1, pp.93-106, March 2000.
  2. 言語に依存しない形態素解析処理の枠組
    • 山下 達雄, 松本 裕治
    • 自然言語処理, Vol.7, No.3, pp.39-56, July 2000.
  3. Japanese OCR Error Correction Using Stochastic Morphological Analyzer and Probabilistic Word N-gram Model
    • Koichi Takeuchi and Yuji Matsumoto
    • International Journal of Computer Processing of Oriental Languages, Vol.13, No.1, pp.69-82, 2000.
  4. HPSGにもとづく日本語文法について --- 実装に向けての精緻化・拡張 ---
    • 大谷朗, 宮田高志, 松本 裕治
    • 自然言語処理, Vol.7, No.5, pp.19-49, November 2000.

国際会議論文

  1. Language Independent Morphological Analysis
    • Tatsuo Yamashita, Yuji Matsumoto,
    • Proceedings of 6th Applied Natural Language Processing Conference, pp.232-238, April 2000.
  2. Analyzing Dependencies of Japanese Subordinate Clauses based on Statistics of Scope Embedding Preference
    • Takehito Utsuro, Shigeyuki Nishiokayama, Masakazu Fujio, Yuji Matsumoto
    • Proceedings of 1st Meeting of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics, pp.110-117, April 2000.
  3. Using Machine Learning Methods to Improve Quality of Tagged Corpora and Learning Models
    • Yuji Matsumoto, Tatsuo Yamashita
    • Proceedings of Second International Conference on Language Resource and Evaluation (LREC'2000), pp.11-16, May 2000.
  4. Comparing the Minimal Description Length Principle and Boosting in the Automatic Analysis of Discourse
    • Tadashi Nomoto and Yuji Matsumoto
    • Proceedings of the Seventeenth International Conference on Machine Learning, pp.687-694, June-July 2000.
  5. Extended Models and Tools for High-performance Part-of-speech Tagger
    • Masayuki Asahara, Yuji Matsumoto
    • Proceedings of the 18th International Conference on Computational Linguistics, Saarbrucken, Germany, pp.21-27, July 2000.
  6. Acquisition of Phrase-level Bilingula Correspondence using Dependency Structure
    • Kaoru Yamamoto, Yuji Matsumoto
    • Proceedings of the 18th International Conference on Computational Linguistics, Saarbrucken, Germany, pp.933-939, July 2000.
  7. Use of Support Vector Learning for Chunk Identification
    • Taku Kudo and Yuji Matsumoto
    • Proceedings of the Fourth Conference on Computational Natural Language Learning, pp.142-144, September 2000.
  8. Role of Text Structure for Summary Generation: Clues for Sentence Combination
    • Kazuhiro Takeuchi
    • 38th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, Proceedings of the Student Research Workshop, pp.68-74, October 2000.
  9. Document Analysis and Summarization Workbench
    • Yuji Matsumoto, Takashi Miyata, Tadashi Nomoto, Takenobu Tokunaga, Makoto Takeda and Masaharu Obayashi
    • 38th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, Demonstration Notes, pp.22-23, October 2000.
  10. Japanese Dependency Structure Analysis Based on Support Vector Machines
    • Taku Kudo and Yuji Matsumoto
    • Proceedings of the 2000 Joint SIGDAT Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing and Very Large Corpora, pp.18-25, October 2000.
  11. Chinese-Japanese Cross Language Information Retrieval: A Han Character Based Approach
    • Md MarufHasan and Yuji Matsumoto
    • Proceedings of the SIGLEX Workshop on Word Senses and Multi-linguality, pp.19-26, October 2000.

学会誌 その他解説等

  1. コーパスに基づく言語処理の限界と展望
    • 松本 裕治, 徳永 健伸
    • 情報処理, Vol.41, No.7, pp.793-796, July 2000.
  2. 形態素解析システム「茶筌」
    • 松本 裕治
    • 情報処理, Vol.41, No.11, pp.1208-1214, November 2000.
  3. Namazu: 全文検索で文書の山に立ち向かう
    • 高林 哲
    • 情報処理, Vol.41, No.11, pp.1227-1232, November 2000.

学会研究会,シンポジウム等

  1. 医学生物学分野からの専門用語の抽出・分類 [ ps.gz ]
    • 合原 博, 宮田 高志, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-135, pp.41-48, January 2000.
  2. あいづち挿入行動の実験的分析
    • 野口 広彰, 片桐 恭弘, 伝 康晴
    • 人工知能学会研究会資料, SIG-SLUD-9903, pp.7-12, February 2000.
  3. 談話行為型の認識に役立つ言語情報の特定
    • 小椋 敦子, 伝 康晴
    • 人工知能学会研究会資料, SIG-SLUD-9903, pp.31-36, February 2000.
  4. 統計的な係り受け解析結果を用いた対訳表現抽出について
    • 山本 薫, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-137, pp.15-22, June 2000.
  5. 統計的日本語形態素解析に対する拡張HMMモデル
    • 浅原 正幸, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-137, pp.39-46, June 2000.
  6. 文書解析と要約のための支援環境 [ ps.gz ]
    • 松本 裕治, 宮田 高志, 野本 忠司, 徳永 健伸, 大林 正晴
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-137, p.97, June 2000.
  7. 品詞タグ付きコーパス作成支援GUIツール VisualMorphs
    • 松田 寛, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-137, p.98, June 2000.
  8. テキスト構造に基づく要約生成制約条件の検討
    • 竹内 和弘, 松本裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-138, pp.9-16, July 2000.
  9. 構文情報の定量化とそれを用いた言語比較
    • 高村 大也, 杉原厚吉
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-138, pp.23-30, July 2000.
  10. Support Vector Machine による日本語係り受け解析
    • 工藤 拓, 松本裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-138, pp.79-86, July 2000.
  11. 誤り駆動による品詞タグづけ統計モデルの拡張
    • 浅原 正幸, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-139, pp.25-32, September 2000.
  12. Support Vector Machine を用いた Chunk 同定
    • 工藤拓, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-140, pp.9-16, November 2000.
  13. 単語の部分文字列を考慮した専門用語抽出と分類
    • 山田寛康, 工藤拓, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-140, pp.77-84, November 2000.
  14. 述語の隣接と述部の付加における意味的階層性
    • 大谷朗, 宮田高志, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-140, pp.103-110, November 2000.
  15. Support Vector Machine による英語係り受け解析
    • 宮田高志, 山本薫, 松本 裕治
    • 情報処理学会研究報告, 2000-NL-140, pp.135-142, November 2000.

全国大会,その他の口頭発表等

  1. これからの自然言語処理
    • 第60回情報処理学会記念セッション(過去と未来を見つめる) --
    • 松本 裕治
    • 情報処理学会第60回全国大会, 記念セッション・イベント報告集, pp.163-166, March 2000.
  2. HPSGにもとづく日本語文法の構築と実装 [ ps.gz ]
    • 大谷朗, 宮田高志, 松本裕治
    • 言語処理学会 第6回 年次大会発表論文集, pp.59-62, March 2000.
  3. 係り受け共起確率を利用した文生成
    • 藤尾正和, 松本裕治
    • 言語処理学会 第6回 年次大会発表論文集, pp.223-227, March 2000.
  4. 文章構造と要約事例の対応付けにもとづく要約生成制約条件の検討
    • 竹内和広, 松本裕治
    • 言語処理学会 第6回 年次大会発表論文集, pp.368-371, March 2000.
  5. Word Repetitions in Japanese Spontaneous Speech,
    • Yasuharu Den, Herbert H. Clark
    • 日本認知科学会第17回大会発表論文集, pp.130-131, July 2000.
  6. HPSGにもとづく日本語の格助詞に関する一考察 [ ps.gz ]
    • 大谷朗, 宮田高志, 松本裕治
    • 日本認知科学会第17回大会発表論文集, pp.136-137, July 2000.
  7. 共同活動の協同性について
    • 伝康晴,
    • 日本認知科学会第17回大会発表論文集, pp.238-239, July 2000.
  8. あいづち促進・抑制に関する韻律と品詞の影響
    • 野口 広彰, 片桐恭弘, 伝康晴,
    • 日本認知科学会第17回大会発表論文集, pp.240-241, July 2000.

著書/分担執筆

  1. 自然言語インターフェース -- 論理式から日本語文への変換 --
    • 宮田高志, 松本裕治,
    • 『法律人工知能』 吉野一 編集代表, 創成社, pp.277-299, February 2000.
  2. Lexical Knowledge Acquisition
    • Yuji Matsumoto and Takehito Utsuro,
    • in 'Handbook of Natural Language Processing,' R.Dale, H.Moisl, H.Somers(eds.), Marcel Dekker, Part II, Chapter 24, pp.563-610, 2000.